免疫治療を受ける|直腸がんを治すためにできることを調べてみよう

体への負担を少なくして直腸がんを早く治したいという人に最適な方法

外科的治療方法と一緒に使える

今までは、外科的治療と同時進行で受けることができるガン治療は数も少なくデメリットもありました。しかし、免疫療法は比較的デメリットが少ないため安心して治療を受けることができるでしょう。

治療に関する疑問

免疫治療ってなに?

免疫治療とは、患者自身の免疫細胞を採取し体の外で免疫細胞を増やす方法のことを言います。増やした免疫細胞を、体の中に戻すことでガン細胞に対抗することができるのです。

治療方法って変わるの?

患者さんの容態や、希望に合わせて治療方法を変えることができます。詳しい治療方法は、クリニックの資料に記載されているため気になる人はクリニックから取り寄せてみてください。

治療の前に医師と話せたりしますか?

クリニックによって異なりますが、ガンの治療を専門的に行なっているクリニックでは治療に入る前に無料でカウンセリングを受けることができるため色々と質問することができます。

手術を受けたことがあっても大丈夫でしょうか?

直腸がんなどの手術を受けたことがある人でも、安心して治療を受けることができます。免疫治療は、ガンの再発予防にもなるため再発を防ぎたいという人からも注目されています。

治療を受けるタイミングとかありますか?

治療を受けるタイミングや、治療回数は患者さんによって異なります。すでに、ガンを発症している人なら早期治療を受けた方が良いと言われているため医師に相談してみましょう。

免疫治療を受ける

ドクター

手術前に受ける

ガンになってしまうと、体力が落ち免疫力も低下してしまうためガンの体力の必要なガンの摘出手術をする前に免疫療法を受けてみましょう。手術の前に免疫療法を受けることで、免疫力を上げることができ体力を維持することができます。また、再発や転移を防ぐ効果もあると言われています。

手術と平行して受ける

外科的手術では、直腸がんの原因となっている悪性腫瘍を取り除くことはできますが、目に見えないガン細胞は取り除くことができません。しかし、免疫療法は目に見えないガン細胞をやっつけることができるため転移する確率を下げることができます。

放射線治療と一緒に受ける

放射線治療は、体の中にあるガン細胞を消滅させることができガン細胞の数を減らすことができます。そのため、徐々にガン細胞にダメージを与えることができると言われています。放射線治療と一緒に免疫療法を行なえば、低下する免疫力と治療効果を上げることができるでしょう。

抗がん治療と一緒に受ける

ガンの治療方法として良く使われている抗がん剤治療は、元気な細胞や免疫細胞にも影響を与えてしまいます。また、同じ抗がん剤をずっと使い続けることができないこともあるため定期的に薬を変える必要があると言われています。免疫療法は、抗がん剤治療と一緒に使うことで薬による副作用を抑えることができるのです。

広告募集中