初期症状を知る|直腸がんを治すためにできることを調べてみよう

直腸がんになった人の体に現れる変化を知っておこう

早期発見早期治療の大切さ

ガンには、幾つかのステージがありステージによって完治する確率が変わります。完治する確率をあげるためには、早期発見早期治療が大切になるため体に異変を感じたときは、何のサインなのか調べておきましょう。

直腸ガンになりやすい人ランキング

no.1

肉が好きな人

直腸がんになりやすい人の多くが、野菜をあまり食べず脂質の多い肉を中心にした食生活を送っています。肉を食べるときは、野菜などもバランス良く食べるように心がけましょう。

no.2

40代以上の人

ガンの発症率は、年齢が上がれば上がるほど高くなると言われています。40代から発症する人が増え始め、50代にはピークを迎えると言われているため、この年代の人は健康に注意しましょう。

no.3

男性が多い

直腸がんになりやすい性別は、男性が多いと言われています。男性は女性よりも酒を飲む機会が多く、タバコを吸う人が多いというのが理由と言われていますが、女性も発症する病気です。

初期症状を知る

お腹を押さえる男性

腹痛や血便が続く

直腸がんになってしまうと、腹痛や下痢、便秘などが続き血便が出ることもあります。腹痛は、ガン細胞が腸の中で大きくなってしまい、排便をするときに痛みを感じやすくなることが理由と言われています。血便は、ガン腫瘍ができている場所によって血の色が変わるため、血便が出たときは注意しましょう。

便の状態が変わる

腸内でガン細胞が成長してしまうと、腸が狭くなってしまい便の形や大きさが変わると言われています。その他にも、排便した後に残便感がを感じたり、トイレに行っても便意だけで実際には排便することができないという場合もあります。そのため、こういった症状が長く続くときは、注意しながら様子を見るか医師に相談してみるようにしてください。

貧血になる

直腸がんになってしまうと、常に貧血状態になってしまいます。貧血になる理由は、ガン腫瘍がある場所から出血をともなっているためと言われています。こういった症状の他にも、肛門の痛みや吐き気、ダルさなどが続くときは早めに医師に相談してみましょう。

広告募集中